6月4日(月)


 『侍魂』をはじめて読みまして。

 まがりなりにもテキスト系サイト系サイトを運営している人間が何をいまさら、何をいまさら、といったかんじですが、なにしろ僕のブックマークフォルダには「巡回」「妖怪・UMA」「検索」「ナップスター」「2ちゃんねる」しかカテゴライズされていないていたらく、情報収集と音楽収集と人間観察の目的でしかインターネットを使っていない人間なので、テキスト系サイトだなんて最近とんと縁がなかったんです。自分のネット庭から外へ出ずインターネットの可能性にフタをする、行動範囲のきわめて狭いネット内ひきこもりというか、折りたたまったアーミーナイフでガツガツ石を砕いて石器を作る北京原人のようなテキスト系サイトスタイルというか、たとえがどうもうまくキマりませんが、キマらないときは幾ら考えてもキマらないのでここは諦めて次の段落へと飛びます。

 侍魂。なるほど面白い。そして先行者。なるほど面白い。大笑いしました。怪力乱神事典に【先行者】を追加させていただきたいくらいです。

 なによりスゴイと思ったのはそのアクセス数(約9万/日)。毎日やってくる9万人もの読者を相手に更新を続けているとは恐れ入りました。9万人といったら野球チームが1万チームも出来るわけで、要するに脳内スクリーンでわかりやすくそのものスゴさをビジュアライズするならば、全国の高校球児たちがあまさず甲子園に大集結し、グラウンドで押し合いへし合い汗と涙で聖マッスルみたいに大連結、雲つく九体の巨大球児へと友情合身して管理人さんを炎の胴上げしかもそれが毎日続いて来る日も来る日も甲子園ではボウズ頭がわっしょいしょい、といったかんじで、なんだか想像しなければよかったです。

 にしても、9万アクセスだなんて僕ならプレッシャーに堪えきれず即刻閉鎖であろう状況なので、とても辛そうなので、願わくはこのサイトはどうか人気サイトになりませんようにっ! ワナワナッ!


ワンポイント故事成語
〔杞憂〕
意味:取り越し苦労 無用の心配
解説:むかし、杞の国に天が落ちてきたらどうしようと心配し、寝食もできなかった者がいたという話に由来する