12月1日(土)


 もう12月、早いものですねえ。12月といえばクリスマス。早いものだなあ。今年は一人でクリスマスを迎えることになりそうだなあ。

 あーあ、「今年は」だなんて、強がりの格助詞「は」が哀愁を誘います。この場合、あきらめの格助詞「も」を使うのが文法的に正しいですね。日本語は正しく使おうゼー! ぞ・なむ・や・か・こそ(係り結び)!

 今日も街角で「お兄さんかっこいいですね。思わず声かけちゃった!」などと美人のおねえさんに呼び止められ、いやあそんな、とでれでれうかうかしていたらイルカだか白クマだかの絵を買わされそうになりまして、そんなかんじで間の抜けた恋の火あそび(アバンチュール)を一人ずもうしている我らのヒモロギさん、というか、我らの、というほど支持者もいませんのでつまるところはオレのヒモロギさん、程度のものなんですが、さて、そんなヒモロギさんの今年のクリスマスの過ごし方について。

 簡単にいえば、朝から晩まで集中講義を受講していることになるでしょう。べつに受ける必要もない、どっかの外国人講師が受け持つフィールドワーク論だかなんだか、よくわかんねえ講義、僕の専門となんら関係ねえ文化人類学の講義なんですが。だって、お家で寝転んでお尻をポリポリかきながら「街は若いカップルで大賑わい、あまりのアツアツぶりに冬の寒さも吹き飛んでしまいそう☆」なんていう報道を視聴したりするのもイヤだし、そうした報道のあとで家族が僕と視線を合わせたがらなかったりするのももうイヤなんです。それならばむしろ外人もじゃもじゃ講師の「タロイモ、ウマカタヨー」みたいなフィールドワークばなし(フィルばな)や「トペトロ、イイヤツダタヨー」みたいな土人との交流ばなし(ドジばな)なんかを聞きながらやり過ごすホーリーナイトのほうがなんぼかマシというものです。

 そういうわけで、皆さんは愛する恋人たちとあんなことやこんなことをして聖夜を満喫するがよいのです。僕は僕で勝手にやらせていただきます。土人のはなしを聴いているのです。人食い土人のサムサム。一人ぼっち。