8月10日(水)

 さいきんようやく小説を書く気概が復活しつつあり、とりあえず「Yahoo! JAPAN文学賞」あたりに作品を送ってみようと、もやもやと構想を練ったりしているところです。今考えているのは、とある思春期の少女の邸宅周辺にだけ空からうんこが降ってくるという怪現象を描いた『ウンコーガイスト(仮)』というお話。ね、面白そうだと思いません? そもそも僕、妙に大好きなんだよね、思春期の少女とうんこが。

 小説執筆を再開するにあたり、リハビリの意味で応募した「第三回ビーケーワン怪談大賞」の結果が発表されてました。僕の作品は佳作。事前の客観的オレ審査では、僕の作品は大賞の我妻さんに次ぐ優秀賞を受賞しているのですが、世の中はままならぬものです。くやしいなあ。
 まあ、佳作とはいえ「怪談之怪」と並びこちらの怪談大賞でも一定の評価をいただけたわけで、僕はもしかしたら創作怪談に向いているかもしれない。ごたいそうなテーマやメッセージを込めなくてもいいところと、短くてすむところが大好きなんです、創作怪談って。

 よし、これで次の創作活動に向けて多少の弾みがついたぞう、とハッスル文学モードになったのもつかの間、この日記からリンクを張るためYahoo文学賞のサイトに飛んでみたところ、この賞にはごたいそうなテーマが定められていることに気づいてしまいました。なんでもテーマは「あした」だそうで。えっ、ちょっと待ってなにそれ、僕が今から書こうとしているのは空からうんこが降ってくるだけのお話なんですけど。「あした」なんつう希望に満ちたテーマとはまったくそぐわないんですけど。ああどうしよう。つかの間に過ぎゆく人生の中で、うんことあしたの間に相関関係を見出せず煩悶することになろうとは思いもしませんでした。ははは。人生っておもしれーなー。