5月14日(日)


 とつぜんですが、「ドクター中松はえらい」という命題が「真」である時、これをどのように証明できるでしょうか。みなさんも少し考えてみてください。

  フロッピーを発明したからでしょうか。
  ……いいえ。そんなもん21世紀には必要ありません(そもそもこの特許取得の過程には疑惑が多い)。

  では、醤油チュルチュルを発明したからでしょうか。
  ……いいえ。そんなもん巨大こまごめピペットとかで代用したっていいじゃないか。

 とすると、フライングシューズを発明したからでしょうか。
  ……いいえ。あんなもん誰も履かぬ。あんなの履いてピョンピョコ跳ねてたらバカだと思われて女子校生に後ろ指さされたり、近隣住民にゴミ屋敷を見るような目で見られたり、小学生にバットで尻を叩かれたりするに決まっている。

 等々、中松氏の偉業といわれる発明の数々をひとつひとつ再点検していくと、そのことごとくが小人の小事業にすぎないことがわかります。それでは、いったい何が中松氏を「えらい人」たらしめているのでしょうか?

  彼が「えらい」のは、彼の発明や、その発明を生み出した彼の頭脳が偉大だからではありません。彼が「えらい」理由はただひとつ、アメリカのいくつかの市で「ドクター中松記念日」が制定されているからです。「記念日に制定される人は偉大だから偉大」というパラドクス的でいいかげんな理由は、パラドクス的でいいかげんゆえに、いかなる論拠によってもくつがえすことが出来ず、よって「ドクター中松はえらい」という命題は「真」であると、かように証明できるわけです。

 ところで今日は「母の日」ですね。「母の日」というのは、母と呼ばれる人を母でない人が顕彰し、母をうやまって花を供えたり読経したりする日です。
  母の肩書きを持っている人を僕も一人知っているのですが、ドクター中松と同様、記念日にまつりあげられるだけの人なのだから、人類のなかでもかなりえらい部類の人なのだと思います。僕などはそのえらさに大変かしこまり、デパートで供物をあがない、それを献上することによって威徳を称えることにしました。どうせ君たちも長男とか次男とか長女とか次女とか末っ子なんでしょ。君たちも僕と同じく記念日のないペーペーなのだから、記念日を持っている人たちに対してもっとかしこまったほうがいいと思いますよ。

「母の日」の話はマクラにすぎず、本当はこれから「ロンギヌスの槍」についての話をしようと思っていたのですが、日曜洋画劇場でいま始まったリュック・ベッソンの妄想映画『フィフス・エレメント』を観たくなってきたので、ロンギヌスの話はまた明日にでも。さあ観よう『フィフス・エレメント』。風、土、水、火……ときて第五元素が「愛」だなんて、激笑ものじゃありません?