2

6月14日(土)

 寝食をおしんで『風来のシレン3』をプレイしています。今回は従来のシリーズ作と比較すると難易度がかなりヌルめで、マゾい仕打ちを受けるのが好きなマゾゲー愛好者としては少し物足りなくもありますが、クリア後ダンジョンはきっと鬼のようにむつかしいことを期待してこつこつがんばります。

 なんか今日は僕の地元がかなりマゾいことになっているらしく、テレビをみてびっくりしました。見も知らぬチベットの被害現場よりも、やはり見知った場所が酷い目に遭っているのを見るほうがだんぜん心動かされます。
  さすがに実家のことが心配になって母に連絡してみたところ、実家に何ら被害はなく、家の隣にある旅館の従業員が被害状況の電話インタビューで全国ネットに出たと言ってとても喜んでいたので、安心したというか、脱力したというか、子の心を親は知らぬわいと思いました。ともあれ実家はぜんぜんHP満タンらしいので、安心して今夜も『シレン3』をやるぜ。

 それとついでに告知もするぜ。
  先日宣伝した文庫版『てのひら怪談』は、好評につき早々に増刷が決定したとのこと。買ってくださった皆さまがた、誠に有難うございました。
  そして、来週の18日には『てのひら怪談』シリーズの三作目にあたる『てのひら怪談 百怪繚乱篇』が刊行されます。本書には僕のご執筆なすったかけまくもかしこきマーベラスな怪談が四篇収録されておりますので、手にとって頂ければ幸いです。
  僕は来月発売のDSリメイク版『ドラゴンクエストV』を購入する予定ですが、ドラクエのような低俗なゲームで遊ぶと大きくなってから悪鬼羅刹の殺人鬼になることがマスコミ各位の飛翔する空想力とたくましき想像力によって立証されていますので、みなさんはそのような下劣なゲームなどにはくれぐれも手を出さず、その分のお金で『てのひら怪談』を5冊くらい購入したほうが良いと思います。そのほうがあなたの人生・将来・人格形成・胎教etcにとって有意だと思います。

 あ、なんか今度のドラクエにはビアンカ、フローラに続く第三の嫁候補が登場するらしいですね。なんかすごいビッチ系の娘。僕は絶対にあのビッチと結婚して一姫二太郎をもうけ、家族四人で仲良くダガーナイフを装備するDQN親プレイを完遂するぞ!