2

6月19日(木)

 てのひら作家、峯野嵐さんのご冥福をお祈りいたします。

 ある特定の時間・特定の場所に、才を備えた人々がとつぜん大挙して現れて群れをなすというふしぎな現象は、たとえば15世紀頃の西ヨーロッパや昭和30年代の東京都豊島区椎名町など、古今にいくつも例があるわけですけれども、この現象は椎名町の例をとって「トキワ荘現象」という呼び方が出来るかもしれません。

 僕は創作者のバイブルである藤子A先生の『まんが道』が好きで好きで大好きで、作品の舞台である「トキワ荘」という、才能と志と野望と青春の混濁した甘美な空間の匂いに憧れ恋焦がれていました。僕はまんがは描かない代わりにきわめてどうでもよい短文を書くことが好きだったので、そういう系の分野で、僕にとってのトキワ荘をいつか必ず見つけ出したい、と思い続けていた折、「bk1怪談大賞」で僕の書いた掌編をすくいとって頂いて、更にそれが『てのひら怪談』という書籍になったとき、そして六十数人分の巻末プロフィールを一気に読んだとき、あっ、僕のトキワ荘がここにあるような気がする、と嬉しく思ったことを改めて思い出します。

 何が言いたいかっつーと、てのひら作家さんの方には面識のある方もいれば顔も知らない方もいるし、作風の好きな方もいればそんなでもない人もいたりして、それはもう様々なんですが、てのひらの人たちに対して僕は勝手に同じアパートの住人ライクな距離感でもって手前勝手な連帯感を抱いているわけなんですね。そういうかんじの馴れ馴れしさなので、一度もお会いしたことがないにせよ『てのひら1』『てのひら2』で共に掲載された峯野さんの訃報には少なからず驚き、そして残念に思いました。家具ひとつないアパートの空室を見る思いです。

 書いている途中で気づきましたが、今日が『てのひら怪談』三冊目にあたる『てのひら怪談 百怪繚乱篇』の発売日だったような気がする。えらくなったり元気がなくなったりしてアパートを出て行く人もいれば、これから入居する人の中には石森正太郎みたいな凄い人もいるかもしれず、そんななか横着にアパートに居座り続ける僕の出来ることといえば、焼酎をサイダーで割って作るトキワ荘オリジナルカクテル“チューダー”の配合黄金比を究めることくらいです。いやちがう、少し間違った、とにかくいっしょうけんめい書くことくらいです。なので書きます。今期の怪談大賞にもリミットの三作ぶんきっちり出しますんで、同じ屋根の下の方々は今後ともよろしく。