7月31日(木)


 モンハン前夜。最新作が明日発売。やった! 楽しみすぎて思わず半裸になり、「クルペッコー!」などと奇声をあげながら鏡の前でヌンチャクを振りまくってしまった。ははは。あるある!
  余談ですが、最近の僕はヌンチャクさばきでもって感情を表現できるほどテクが上達しましたよ。喜びのヌンチャクは陽春の蝶のようにほがらかに中空を舞い、泣きのヌンチャクは部屋の暗がりにじんじん染みいるジェントリーウィープスのごとく! 

 まあヌンチャクの話はどうでも良いのです。僕が杉並エリアNo.1のヌンチャキアンであることは今回は置いておくとして、そんなことよりもモンハンですよ。恐竜どもを殺してさばいて友だちをたくさん作るぞ!

 同じくモンハンを購入予定の弟や従兄弟と相談し、Skype環境を整えてボイスチャットを楽しみながら仲良く狩りが出来る環境を整えることにしました。恐竜をぶっ殺すたび深まりゆく一族の絆。ゲームって最高だな! さっき従兄弟と電話で話したとき、祖父が今日病院に緊急入院した的な話を聞いたような気がしたけど、僕がモンハンとドラクエ以外の話にはまったく食いつかなかったせいで委細はなぞのままだ。明日、狩りの合間にでも訊いてみよう。

 さしあたってモンハンがあるので『Gジェネウォーズ』『ギアーズ・オブ・ウォー2』は買い控えしつつ、タイミングをみて購入の予定。8月には『ドリームクラブ』もあることだし、今年の夏もゲームが熱い!

 いや僕、中三くらいの時に「自分がおっさん臭くなる瞬間はいつなのか?」ということをけっこう真面目に考えたことがあって、周囲の大人をつぶさに観察したすえ導き出した結論が「新作ゲームにわくわくしなくなった時」という結論を導き出したのですが、今にして思うとこれはなかなか的を射ているように思われます。中三の僕は偉いわ。
「余暇(人生)の有意味化への希求」
「想像力の減摩」
「情報処理能力、反射神経の減退(肉体的老化)」
「財政緊縮(=結婚)」
などといったショボい理由によってゲームをしなくなった同世代の人たちはみるみるおっさん的なかんじのことを言い出し、おっさん的な趣味を始め、おっさん的な人生設計を描き出し、おっさん的な愚痴をおっさん的な飲み屋でおっさん的におさおさし始めている。あほだなあと思うわけですよ。時間と金はゲームでドブに捨ててこその人生じゃねえの。このノーフューチャーな感覚を失ったとき、人間は若さを失い、想像力の翼を畳み、働くだけの豚へと成り下がるんじゃねえの。ドントトラストオーバーゲーマーじゃねえの。

 さいわいにして僕はモンハンの発売が楽しみすぎて思わず手元のヌンチャクをぶん回すほどの若さがまだある。これは、既にロートル化した同年代の奴らよりずっと幸福なことであるといえよう。ゲーマー実は人生の勝者説。ははは。ざまあみろ。幸福の顕現たる僕は今夜、モンハンの発売をカウントダウンしながらひとり半裸でヌンチャクを振りまくるので、財布の紐を嫁に握られ僅かな小遣いしか与えられていない豚どもはまっすぐ妻子の待つ家にでも帰って嫁の手料理でも食いながら健やかな子供の寝顔でも見守ってればいいじゃない! ははは。じつは勝ってる気が全くしない説。