3月27日(土)



[第一部のあらすじ]
  少年院時代からの因縁のライバル、ヒモロギジョーと力石はテキストサイト級のリングで壮絶な死闘を繰り広げる。結果は力石の勝利に終わるが、ブログ級からテキストサイト級への無理な減量がたたった力石の身体は過酷な試合に耐えきれず、試合直後にこの世を去る。ジョーは力石に対する負い目からか、テキストサイトを書くたびに嘔吐を繰り返すようになり、やがてドサ回りのついったらーへと身を落とし、栄光のリングから姿を消したのであった……

第二部 第一話  そして、帰って来た…

 たらったたったたー。ということでね、どうでも良いような設定をひっさげて帰って参りました(嘔吐)。力石戦のトラウマとTwitter中毒でポンコツになっているため、140字以上文章を書こうとするとキラキラ光る吐瀉物を吐きます。出崎演出です。それにしても、考えてみればまとも日記は去年の夏あたりから書い(嘔吐)。はあはあ……やめろっ、おっつぁん、タオルは投げるな! やめてくれ。頼むぜおっつぁん……俺はよ、まだ吐き足りねぇんだよ……(嘔吐)
  みたいなかんじで、(笑)や(泣)ライクなカジュアル感覚で(嘔吐)なんて使っても鬱陶しいやら穢らわしいやらオールひんしゅく大進撃なので、「140字以上書くと吐く」という設定は早々にやめます。やめましょう。それがいいよ。

 このところTwitterばかりでサイトをおろそかにしていた格好ですが、僕にとってTwitterの何が面白かったかといえば、レスポンス率の高さ。何千字分もの日記をせっせと書いても反応がないことはざらにあるのに、向こうだと140字の脊髄反射的つぶやきに対して気軽なリプライが多数あったりするので、それが楽しくて自然とあっちがメインになってしまったという。『あしたのジョー』でいうと、なにかとめんどいジョーを諦めてお手軽なマンモス西とくっついた紀ちゃんみたいなもんですかね。

  そう、時代はTwitter。ブログはもう古い。テキストサイトなんて旧世紀の遺物だ。ついったらーにあらずんば人にあらず。僕の心の中の丹下段平はこう言います。
「ジョー、お前はようやったよ。……もういい。何も書くのをやめろと言っているわけじゃねえ。テキストサイト級からTwitter級へ移るだけだ。それで全てうまくいくんだよ」
  確かにそうだ。おっつぁんの言う通りさ。しかし、それでいいのか。テキストサイト級からTwitter級へと階級を移し、手数の多いショートレンジのファイトで勝ち星を稼ぐ、そんなファイトスタイルで死んだ力石が浮かばれるというのか。
「テキストサイト級っていうのはな、おっつぁん。侍魂がいて、ちゆ12歳がいて、ろじっくぱらだいすがいて、そして力石がいたところなんだよ。俺は……俺はなおっつぁん、そんなかけがえのねえ俺のテキストサイト級を、捨てるわけには、捨てるわけにはいかねえんだよーっ!」
段平「ジョー! ジョー、どこへ行くんだ!? わしのジョーッ!」

 というかんじで、僕のテキストサイト級にかける想いは矢吹ジョーのバンタムに対する妄執と同質のものであるため、今後も心の中の拳キチを随時困惑させつつ、適当にぼちぼち更新してゆければと思います。ずっと続けます。PCの前に座り込み、燃え尽きて真っ白な灰となるその日まで。いや、そこまでホームページに生命を賭すのもどうかと思いますが。